オールドノリタケ 通販

近代日本陶磁器の宝 オールドノリタケ

オールドノリタケ通販。オールドノリタケは主にノリタケの全身である森村組と日本陶器により海外へ輸出されたものですが、ここで扱うオールドノリタケは当店が仕入れ販売している一度ユーザーに渡ったアンティーク品、古物(中古品)です。通販でオールドノリタケをご購入の際は現在のノリタケカンパニーとは関係のない骨董品(アンティーク)、古物であることをご理解の上ご利用ください。
オールドノリタケ 送料無料
オールドノリタケ
古物営業許可取得者  秋山 豊
神奈川県公安委員会  第452760016276号

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフトオールドノリタケ通販ノリタケの歴史とオールドノリタケ
《 画像をクリックするとそれぞれのオールドノリタケ通販のページへ移動します 》

オールドノリタケ通販

オールドノリタケ アンティークの食器
オールドノリタケ アンティークのファンシーウェア 花瓶・置物
オールドノリタケ 食器 オールドノリタケ ファンシーウェア 花瓶など

オールドノリタケとアールヌーボー・アールデコについて

1.オールドノリタケとは

オールドノリタケとは明治18年(1885)年頃から、昭和の第二次世界大戦前後までに現在のノリタケカンパニーを設立した森村組と日本陶器(現ノリタケカンパニー)が製造し主にアメリカやイギリスに輸出され、一部は日本国内でも販売された食器とファンシーウェアを言います。
オールドノリタケで言う、ファンシーウェアとはもともとは装飾品として作られたもので、花瓶・絵皿・陶製の人形や置物、化粧台セット、さらにはコーヒーセットやディナーセットを含めた総称です。
それらの製品や、このサイトで販売しているオールドノリタケの中には100年以上前に作られ時が流れた作品も多く含まれます。
オールドノリタケと言われる製品のルーツは江戸幕府で両替の仕事を任された森村市左衛門が、福沢諭吉の教えから海外に流出した金を海外から輸出貿易によって取り戻そうと、弟の豊(とよ)をニューヨークに送り日之出商会(後のモリムラブラザース)を設立しアメリカとの貿易を始めたことに遡ります。
この初期の輸出貿易は日本の骨董、印籠、屏風、さらに漆器や陶磁器などでしたが、明治15(1882)年頃になると陶磁器が人気を集め始めました。西洋の文化・デザインとは異なる侘び寂びのある徳利が花瓶として使われたりしていることから森村兄弟は陶磁器が有望な商品になると察し、実際にそれらの瀬戸や美濃で作られた陶磁器が主力な商品となりました。
さらに明治18(1885)年頃に、それら陶磁器を自ら生産・販売しようと考えました。
そこで、初めは瀬戸や名古屋、東京、京都などの職人たちと契約をし、瀬戸から各地に送った生地に絵付けをし輸出しました。それらの当時作られた極めて初期のオールドノリタケは有田焼・九谷焼・清水焼などに見られる日本的デザインの物でした。文化の異なるアメリカで販路を広げ拡大するには欧米人が好む欧米のデザインを取り入れなければならないと気付き、デザインの洋風化を勧めますが日本的な絵しか描いたことのない絵付け職人たちの反発もあり苦難が続きました。
時間を掛け職人を説得し、デザインを洋風化に変更させることに成功し、生産の効率を図るために絵付け工場を名古屋に集約しました。
当時そこで作られていたオールドノリタケは花瓶・絵皿・陶製の人形や置物、化粧台などのファンシーウェアが中心でしたが、ニューヨークのモリムラブラザースでは今のファンシーウェアだけでは将来的には販売が先細りになることを感じ、また瀬戸の生地は灰色がかり白さが足りなくアメリカ人には不評であることから議論を深め、もっと白い生地で生活に密着した食器が有望であると結論し、さらに取引先の百貨店からも白い生地のディナーウェアが良い、白い生地でなければ食器としては適当でないとの意見もあり、白い生地の食器の開発に取り組むことになりました。
森村組は名古屋の絵付け工場内に試験窯を作り開発と改良に取り組み、開発のためにドイツに技術者を派遣したりしましたが、5年の月日が過ぎても納得のできる白生地を作ることが出来ませんでした。
白い生地を作る研究開発を進めている時に、イギリスのローゼンフェルト社からオールドノリタケの得意な技法である金盛を教えて欲しいと依頼されます。そして、モリムラブラザースは金盛の技法を指導し、同時に自分たちが抱える問題である白生地製造の問題を相談しました。
ローゼンフェルト社と社長ローゼンフェルト氏の厚意でドイツやオーストリアの工場や試験場で原料や釉薬の配合などんお指導を受けました。その甲斐があり、開発を始めてから10年が過ぎ白生地の製造に成功しました。
長年の夢であった白生地を完成させ、それまで瀬戸から仕入れていた以前の生地はその時点で全て使用されることが無くなりました。
しかし、侘び寂びを大切にする文化はヨーロッパの食器で大切にされる均一性とは全く反対の文化です。また、洋食の基本であるディナー皿を平らに作ることが出来ませんでした。
技術者を再びヨーロッパに送り、国内では生地の組成や成分、原料の配合、焼成の試験などを何年もの間研究を重ねますが平らなディナー皿を完成させることが出来ません。そんなある時、1人の技術者が誤って見本である平らなディナー皿を割ってしまいました。
すると、平らな皿を作るために生地を極めて均一に作ろうとしていた物の中心部が厚く作られていたことを発見します。ここから新たに研究と試作を重ね、大正2(1913)年、ノリタケは念願であったディナー皿の製造に成功し翌年にはディナーセットが輸出されました。
それまでのノリタケは独自のディナーウェアを持っていませんでしたので、輸出されていたオールドノリタケは花瓶や絵皿、置物などが殆どでした。
それらのオールドノリタケのファンシーウェアは大きく2つに分類されています。
1つは明治18(1885)年頃から昭和10(1935)年頃まで主に北米向けに輸出されていたジャポニズムと言われる日本的なデザインを持つ商品を含むアールヌーボーを主にしたヨーロッパ風のオールドノリタケのグループ(以下オールドノリタケ・アールヌーボー様式と言います)。
もう1つは大正末期から昭和初期の極めて短い期間に人気を集めたアールデコ調のオールドノリタケのグループ(以下オールドノリタケ・アールデコ様式と言います)です。

2.オールドノリタケ・アールヌーボー様式

アールヌーボー様式のオールドノリタケの大きな特徴と魅力はその多くの製作技法にあります。
その技法は A.盛上げ B.ビーディング C.金盛り D.モールド E.エッチング F.タペストリー G.エナメル H.転写  など多岐に渡ります。
A.盛上げ
盛上げは陶磁器の表面を立体的に盛上げて装飾する技法でイギリスのウェジウッドのジャスパーウェアに見られるような貼り付けによる盛上げや、刷毛を使った盛上げなどがあります。オールドノリタケに見られる盛上げの最も得意な技法は一陳(いっちん)による盛り付けです。一陳とはこの道具を考案した久隅守景(くすみもりかげ)の別名に由来し一陳齋(いっちんさい)とも言われます。一陳は柿渋を施した繊維の強い紙または布で泥漿(でいしょう 原料の粘土を液状にしたもの)を絞り出す方法で、ケーキにクリームを押し出して装飾する方法と同じ理屈と言えば分りやすいと思います。現在でも一陳の技術は京都や金沢の友禅染の染糊に見ることが出来ます。
B.ビーディング
オールドノリタケ ビーディング
ビーディングとは上記の盛上げ技法の一つで、和陶の世界では粒(ちぶ)と呼ばれる一陳を使用し細かな粒状の盛上げを一部の限られた範囲 または広く一面にドットを打つように装飾する技法です。
この粒による細かな盛上げは金を打つもの、色を施した泥漿を打つ方法などがあります。カップソーサー、花瓶などオールドノリタケの多くの製品に見ることが出来ます。
C.金盛り
オールドノリタケ 金盛り
盛上げた生地に筆などで液状の金を塗ります。乾燥工程を経て高温で焼き上げると盛り上がりと周囲の金を塗った部分に金色に輝いた膜が出来上がります。オールドノリタケに使われた金彩は金の含有量が高く、重く豪華な輝きを放ちます。
金液は純金を濃塩酸と濃硝酸を3:1で混ぜた溶液で溶かし液状にしたものですが、それまで輸入に頼ってい金液の国産化はノリタケが初めて開発に成功したものです。
D.モールド
オールドノリタケ 石膏型によるモールド
モールドとは生地の成型工程に於いて石膏の型の中に原料粘土を液状にした泥漿(でいしょう 原料の粘土を液状にしたもの)を流し込み、時間の経過で石膏が水分を吸収し液状の粘土が形を作る特性を利用した技法です。
泥漿を石膏型に流し込み、1時間程の時間を置くと石膏が泥漿に含まれる水分を適度に吸収し、5mmほどの厚みの乾燥する前の生地の元が出来上がります。オールドノリタケの石膏流し込みによるモールドの製品はデザインが浮き出るように盛り上がりを見せ完成されていることが特長です。
また、この技法は粘土に彫刻を施したり、和陶で言う飛び鉋(とびかんな 適度に乾燥した焼成前の生地を轆轤を回転させながら細かく彫る)を施すような細かなデザインを石膏の水を吸収する特性で成すもので、現在でも大型の花瓶や置物などに生かされています。
E.エッチング
オールドノリタケ エッチング
オールドノリタケだけでなく現在の大倉陶園等でも『金腐らし』などとも言われ使われている技術です。
当時は現在の技術とは異なり、生地にコールタールでデザインを模った型紙を張り付けて、それをフッ化水素を用いて釉薬を溶解させる方法で型紙を剥がすと腐食していない部分は艶のある輝いた金が、釉薬の腐食した部分は艶のない重みを持った金色に装飾されます。現在のエッチングはフッ化水素には毒性があるために、この方法は用いられずサンドブラスト(細かな金属や砂を吹き付けて細かく表面の艶と輝きを消す方法)により行われています。
F.タペストリー
一般的にタペストリーとは絵模様を織り出した綴織を言いますが、オールドノリタケで言うタペストリーとは乾燥前の柔かな生素地に布を張り付けてから焼成する技法を言います。
生素地に張り付けられた布は焼成の工程で焼失し焼きあがった生地には布目だけが残ります。そこへ毛筆や刷毛を用いて彩色します。縄文土器のように、縄でデザインを残して縄を取り除き焼成するものと、布も一緒に焼成するタペストリーは全く工程の異なるものです。
G.エナメル
オールドノリタケ エナメル
オールドノリタケで言うエナメル技法はエナメルのような光沢と艶のあるガラス質のような上絵具を用いた盛上げでピンク グリーン ブラウン ブルー等様々なの色の盛上げ装飾が施されました。
エナメル装飾は彩色された生地に施されるだけでなく、金盛りやコバルト顔料の中にも施されワンポイントのアクセントであったりもしました。七宝焼やヨーロッパのアンティークジュエリー等にある金属と粉末のガラスを焼き付けた方法とは全く異なります。
H.ハンドペイント
オールドノリタケ 手描き・ハンドペイント
オールドノリタケのハンドペイント(手描き)の多くは上絵付と言われる装飾技法で、釉薬を施し本焼成を終えてから筆を使い描きます。
上絵付けは本焼成を終えてから釉薬の上への絵付けですので絵付けや装飾に用いた顔料が高温の焼成によって壊されることがありません。従って、和陶の世界でしばしば見られる呉須や染付のような焼き物とは異なる華やかな色彩の作品を作ることが比較的自由出来るのが特長であり利点でもあります。
I.転写
オールドノリタケ 転写技法
転写技法は同じデザインを多数生産するための技術で、絵柄を印刷したシート(転写紙)をプラモデルの絵柄を付けるシールのように素焼きの生地または完成生地に張り付けた方法です。
明治時代には既に転写紙が輸入されていますが、ノリタケによる転写紙の製造は大正時代に始まりました。オールドノリタケの時代から使われてきた転写技術ですが、その進歩は目覚しく、現在は大部分の絵付けを施された陶磁器製品に応用されれいます。また、金などの金属も転写紙に印刷され陶磁器が製品化されています。

3.オールドノリタケ・アールデコ様式

3-1 アールデコとオールドノリタケ
一般的にアールデコとは直線的で合理的なデザインと幾何学模様、原色の対比などが印象的で、1920年代から1940年頃までにフランスを中心としたヨーロッパからアメリカ、特にニューヨークで人気となった装飾デザインです。第一次世界大戦と第二次世界大戦の間に流行ったので『大戦間様式』、また1925年(パリ万博の翌年)、万博でのアールデコ様式の展示品の多くがアメリカの博物館・美術館で展示され、アメリカの主要な百貨店でアールデコのデザインの展示会が開催され人気を得たことなど、パリ万博から世界に広まったので『1925様式』などとも言われています。
アールデコのデザインはオールドノリタケを始めとした食器類だけでなく、建築 家具 壁紙 絵画 宝飾品 ファッションなど様々な分野で流行しました。
オールドノリタケのアールデコ製品はニューヨークのモリムラブラザースがイギリス人デザイナーであるシリル・リーを雇いアールデコをモチーフにした製品を作り始めました。
そして作られた製品は、食器ではなくパリ万博の公式モチーフを基に作られた非常に多くの装飾用のファンシーウェアでした。それらは其々に特長を持ち素晴らしいものでしたが、中でも珍しく珍重されたのがラスター彩を施されたものでした。
当時のアメリカでは自動車をはじめ輝きを放つ金属の家具、金属のランプ、輝く装飾品などが流行しはじめ『輝く様々な物』が至る所で見られたのです。このラスター彩は当時のアメリカでは輝きと豪華さの一部であり、オールドノリタケのラスター彩には優雅さと煌びやかさがあり、高価であることを意味して当時のアメリカのご婦人たちには豪華さを感じさせるものでした。
オールドノリタケのもう一つの特徴は色彩は明るく鮮烈で斬新な表現であったことが挙げられます。
2-2 ノリタケ アールデコの分類
オールドノリタケのアールデコ商品はさらに5つのグループに分類されます。
それらは、A.人物図案  B.動物  C.花と植物・果物  D.風景  E.幾何学模様です。
A.人物図案
オールドノリタケの人物図案には2種類があります。
一つは皿などの平面に人物像を描いたもの、もう一つは立体的に形状で人物を表現したものです。たとえばソルトペパーベティーブーのスナックセットなどがあります。
B.動物
動物をモチーフにしたオールドノリタケにも平面的なもの、立体的なものがあります。ペットとして身近な犬や猫 象やリス孔雀などが描かれました。
C.花と植物・果物
オールドノリタケの花柄や植物のデザインはアールデコだけでなくアールヌーボーのデザインにも多く描かれています。アールデコのオールドノリタケには日本の着物のデザインを思わせるデザインや幾何学模様と組み合わされたもの、ラスター彩で装飾されたフルーツバスケットなどがあります。
D.風景
オールドノリタケの中でも人気の高い風景画は、日本の伝統を取り入れたもの、池のほとりに小さな家を描いた洋風画調のもの、中国風雰囲気のものなど様々です。ラスター彩で装飾された風景画のティーセットなどは見ているだけで楽しいオールドノリタケです。
E.幾何学模様
オールドノリタケの中でも幾何学模様はデザインの種類や数量も少ないもので、コレクターの間では希少価値は高いとされています。
当時の立体派の様式、ドイツのバウハウス(1919年に設立された工芸・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校と、その流れを汲む芸術と芸術作品)のアールデコ様式の作品が豊かな色彩の中に幻想的であったり抽象的であったりします。  
3-3 オールドノリタケ・アールデコ様式とラスター彩
一般的なラスター彩に使われるラスターにはラスター釉(釉薬)とラスター彩(顔料)がありますが、オールドノリタケのアールデコに使われたラスターは後者のラスター彩です。
このラスター彩は金属や貴金属を濃塩酸と濃硝酸の溶液で溶解し、さらに硫化バルサムと化合させることにより樹脂酸金属化合物を生成し、絵付時の塗り易さを高めるためにロジン(松脂)を添加した顔料の一種です。このラスター彩を施し700℃前後の低い温度で焼成すると釉の表面に溶着した金属・貴金属の薄い皮膜ができます。この皮膜が光を屈折させて金属的な光沢であったり真珠のような光沢であったりを生み出します。
このラスター彩は酸、アルカリ、洗剤、熱湯(高温に非常に弱くデリケートです。これらを使用したり作用させると剥げやすいので注意が人用です。したがって、ラスター彩のオールドノリタケは食器には適さず、主に花瓶や置物などの装飾品に使用されています。


********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

オールドノリタケの通販 陶仙

お問い合わせ窓口 〕



Copyright © 2017 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.