ノリタケの歴史とオールドノリタケ

ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト
ノリタケ 食器 通販
大倉陶園 食器 通販
オールドノリタケ 通販
オールドノリタケ
ノリタケ 大倉陶園の食器とギフトノリタケの歴史とオールドノリタケノリタケ年表
《オールドノリタケ通販》
オールドノリタケ アンティークの食器 通販
オールドノリタケ アンティークのファンシーウェア 花瓶・置物の通販
オールドノリタケ 食器 通販 オールドノリタケ 花瓶 置物などの通販

ノリタケの製品は気品溢れる形とデザインで長い間世界中の方々にノリタケチャイナの愛称で愛され続けてきました。
ノリタケは今日、日本を代表し世界的にも非常に高い評価を得ていますが、ノリタケの創業期には血の滲むような困難に立ち向かい克服してきた歴史があります。ここではノリタケの歴史とオールドノリタケの素晴らしさをご紹介します。

《ノリタケの歴史は日米通商史》
〜ノリタケ(森村組)設立の陰に、福沢諭吉のアドバイス〜
ノリタケ(1981年に日本陶器からノリタケカンパニーリミテドに社名変更)は1904年(明治37年)に設立されましたが、その始まりは江戸時代末期まで遡ります。江戸で馬具商を営んでいた六代森村市左衛門はペリー来航以来、欧米から様々な文化が流入する一方で日本の金が海外に流出し、日本の国力がどんどん弱くなってしまうことを憂慮していました。
1858年(安政5年)、日米修好通商条約批准のためアメリカに派遣された幕府使節団のために、日本円を当時の国際通貨であるメキシコドルに換金する仕事を引き受けた際、貨幣の交換比率が悪く、日本は損をしていることに森村市左衛門は気づいていたのです。また、横浜で舶来品を買って江戸で売る商売も手掛けていたため、横浜で日本の金銀が安く買われて外国へ流出していく様子も見ていました。
そこで、森村市左衛門は師と仰ぐ福沢諭吉に相談し、国外に流出した金を取り戻すには輸出貿易で外貨を稼ぐのが一番だとの助言を得ました。この福沢諭吉のアドバイスにより、森村市左衛門は輸出貿易に乗り出す決意をします。長い鎖国時代が明けたばかりで、まだまだ海外は遠い存在だった時代のことでした。
〜モリムラブラザーズ=在米日系商店の草分け〜
1876年(明治9年)、森村市左衛門は貿易商社『森村組』を設立し、弟の森村豊(とよ)をニューヨークに派遣しました。豊は、ニューヨーク六番街238番地に、『MORIMURA BROTHERS(モリムラブラザース)』という輸入雑貨店を開き、日本から送られてくる陶磁器や漆器、印籠、屏風、掛軸、団扇などの伝統的な日本の雑貨を販売しました。それらは非常に人気が高く、当時のアメリカ人客は日本から荷物が届くのを待ちかねるようにして買っていきました。
商品の仕入から荷造り、輸出書類の作成まで、森村市左衛門は孤軍奮闘していましたが、日本製品を海外に売って外貨を稼ぎ、日本を富める国にしようという森村市左衛門の思いに共鳴した大倉孫兵衛、大倉和親(大倉孫兵衛・大倉和親の父子は後に大倉陶園を設立します)、村井保固、広瀬実榮らが次々に森村組に加わりました。
明治維新後まもなく、『モリムラブラザース』を在米拠点として始まったこの輸出貿易は、日米貿易の草分けと言われています。

《苦心したディナーセットの開発》
〜白い洋食器を作ろう ノリタケの設立〜
アメリカでは陶磁器の人気が高く、今後の有望な商品になると感じた森村組では、自分たちで製品を作り、販売することを決意します。当時輸出していた陶磁器は、花瓶や置物など、有田焼や清水焼に代表される純和風なデザインでしたが、商売を拡大するためには、日常使用する食器で、しかも白い生地に洋風な画付けをする必要があり、また当時の生地はアメリカで望まれていた白生地とは異なっていたため、純白なものでなければ食器としては不適当であると忠告を受け、先ず純白な生地への改良に取り組みました。また、パリ万博で見た白い陶磁器にも感銘を受け、ドイツなどヨーロッパに技術者を派遣して、生地を白く改良する研究を続けましたが5年の歳月を経過しても目標とする白生地の生産は一歩も前進せず、研究と開発は困難を極めました。
白生地の研究に苦闘している1902年(明治35年)にロンドンのローゼンフェルト社のB.ローゼンフォルト社長が『金盛の絵付けを教えてほしい』とにニューヨークのモリムラブラザースを訪ねて来ました。早速、金盛の絵付け方法を教えたのです。一方、白生地の製造に困窮していることを打ち明け助言を仰いだのです。
ローゼンフォルト氏の理解と好意でオーストリアのカールスバットの工場の視察とドイツのゼーゲル試験場のヒヘト博士を訪問することが出来、白生地の原料の配合と釉薬調合の手順の教えを受け白生地の製造は大きく前進しました。その後、度重なる研究の結果、天草陶石54、蛙目(がいろめ)粘土23、長石23の割合で配合することが最適であることを見極め永年の目標であった白生地の完成を見ることが出来ました。白生地の製造を決意してから既に10年の歳月が流れていました。後にこの白生地は陶磁器窯業の業界で『日陶の3・3生地』と言われるようになりました。
そして白生地の完成を見た森村組は1904年(明治37年)1月1日、ノリタケカンパニーの前身となる日本陶器合名会社を愛知県愛知郡鷹羽村大字則武字向510(現在の名古屋市西区則武新町)に設立し、ここに日本の近代陶業が始まったのです。『ノリタケ』の名は、この地名にちなんで付けられ、商標も由来しています。
多年の願望であった白生地が完成されたので、この時点で瀬戸から購入していた灰色を帯びた生地は全て廃止されました。
〜割って分かった平らな皿の秘密〜
白い生地はできるようになったものの、日陶の3・3生地ではディナーセットの基本である25cmの大皿をどうしても作ることが出来ませんでした。25cmの大皿の製造は困難に困難を極めました。大皿自体は、以前から日本でも製造されていましたが、底が平らな大皿を作るのは至難の技だったのです。
一つ一つ形が違うことに味わいを見出す和の文化・和食器とは異なり、洋食器は均一性を重んじる食器です。形がバラバラな食器では売れないため、真っ直ぐな底のディナー皿を作ろうと研究に研究を重ねていたある日、行き詰った社員が、フランスから取り寄せた見本皿を床に叩き付けて割ってしまいました。その割れた断面を見た時、皿の中央部分が分厚く作ってあることに気付きました。皿の中央がへこんだり盛り上がったりするのを防ぐため、これまで、できる限り真ん中を薄く作ろうとしていたことが、却って底が平らな皿を作れなかった原因だったと分かったのです。
ノリタケ25p皿
日本陶器(現在のノリタケカンパニー)創立から10年の時を経て、1914年、ついに日本初のディナーセットができあがりました。その第一号ディナーセット『セダン』は、ノリタケカンパニーが100周年事業の一環として本社敷地内の工場跡地にオープンさせた『ノリタケの森』のミュージアムで目にすることができます。
さらにノリタケは1933年に日本で初めてボーンチャイナの製造に成功しました。
イギリスで生まれたボーンチャイナの製造は『一般の磁器に比べ製造コストが高い』 『ボーンアッシュの製造や坏土の調合、焼成などに非常に高度な技術を要する』といった問題が多かったのです。ノリタケは1932年にボーンチャイナの研究を始め翌年の1933年にはボーンチャイナの試作品を完成させました。
ノリタケのボーンチャイナの本格的製造は1935年に始まり1938年頃にはノリタケのボーンチャイナ製ティーセット等が北米等に大量に輸出されるようになりました。
オールドノリタケ 手描花瓶
ノリタケチャイナは幾多の困難にも挫けず、ひたすら未来を信じ邁進したノリタケの先駆者たちの熱い思いの結晶です。
近年のノリタケは伝統的でフォーマルなデザインの食器やインテリアだけでなく、幅広い世代・男女を問わず愛されるとなりのトトロなど新しい感覚の食器、ノリタケチャイナやノリタケボーンチャイナ以外にも強度と安全性に優れたプリマデュラ、電子レンジ・オーブン・食器洗浄機に対応したプリマチャイナ(アーズンウェア)などの新しい素材の食器なども生産し、それらは人気の商品として販売されています。
そして今、長年にわたり培ってきたノリタケの食器製造技術から、様々な技術や素材が派生し、現代のセラミック産業に発展しています。衛生陶器のTOTO、電力用碍子の日本ガイシ、蛍光表示管のノリタケ伊勢電子(Noritake Itron)、スパークプラグの日本特殊陶業、世界に誇る日本の高級食器の大倉陶園などは全て日本陶器(現在のノリタケカンパニー)から独立した企業で創始者の名を冠して『森村グループ』と呼ばれ、世界最大のセラミックス集団を形成しています。

《オールドノリタケ》
〜オールドノリタケとは オールドノリタケの定義〜
オールドノリタケ(英語圏での一般的な表記は “ EARLY NORITAKE ” )とは、その年代をはっきりと限定することはできませんが、1800年代の末から第二次世界大戦前後頃まで、ノリタケカンパニーの前身である森村組と日本陶器で作られ主にアメリカへ輸出された装飾品(花瓶、壷、陶製人形、置物、陶製化粧セットなど)とテーブルウェア・ディナーウェアの総称です。
それらオールドノリタケの製品群は、工業的に優れた技術力と伝統的な感性、テクニックが融合した芸術作品として高い評価を受け、現在では骨董愛好家から『オールドノリタケ』とよばれる人気の高いコレクターズアイテムです。
オールドノリタケ大花瓶
それらのオールドノリタケは大きく2つに分類されます。
1つは1885年(明治18年)頃から1935年(昭和10年)頃までに主にアメリカに輸出された日本的なデザインの商品を含むアールヌーボーを中心とした西洋画風のグループで、もう1つは大正末期頃から昭和初期頃の短い間に流行したアールデコのグループです。
( 1 ) アールヌーボー様式
オールドノリタケの1910年代までの初期の作品の特徴はは手造りで複雑な曲線を持ち、花や樹木などの自然をモチーフにし、淡いパステルカラーを基調とした点で、当時流行したアールヌーボー様式の影響を強く受けています。
初期の作品は花瓶やキャンディーボックスなどでしたが、次第にコーヒーポットなども生産されるようになりました。
その後、1914年にはわが国最初のディナーセットを完成させました。当時の商品はアメリカやヨーロッパ向けの輸出が殆どでしたが、しばらくすると欧米風の商品が宮内省や海軍省、また一部のホテルやレストランにも販売されるようになりました。この頃の製品の殆どは当時では最高クラスのグレードで、デザインも日本の花鳥画の技法が欧米のデザインと融合した特異なものでした。
( 2 ) アールデコ様式
大正時代末期の1922年頃から昭和初期の1929年頃の短い間にかけてはそれまでのオールドノリタケのような高級な装飾品ではなく、機械によって大量生産が可能なファンシーウェアが生産されました。これらはオールドノリタケの中でもオールドノリタケファンの間で大変に貴重なコレクターズアイテムとして強い人気を集めています。
オールドノリタケがこれほどまでに愛されている訳は近代陶芸の研究家であるニューヨーク大学美術部のジュディオス・シュワルツ博士によれば、ノリタケとノリタケの製品が工業的に優れた技術を持ち、装飾の複雑さと完成度の高さ、熟練した筆使い、鮮やかな色彩の配列などが他の美術品をはるかに越えて凌駕している為だということです。

〜オールドノリタケの技法〜
アールヌーボーを中心としたオールドノリタケは以下のような技法に大きな特徴を持っています。
( 1 )盛り上げ
オールドノリタケ 盛り上げ 一陳 金盛 手描が融合したカップソーサーとケーキ皿
日本に古来から伝わる陶磁器の表面を立体的に装飾する技法ですが、オールドノリタケの場合には、ケーキに生クリームを盛り装飾する方法と同じ理屈で粘土を一陳(イッチン)と呼ばれるチューブのような道具から絞り出して盛り付ける方法が多く取り入れられました。
( 2 )ビーディング
ビーディングとは、和陶の世界では粒(チブ)と呼ばれる一陳による細かな粒状の盛り上げを多数一面または限られた範囲に展開盛り上げて装飾する方法で、製品の繊細さと気品を高める効果がある。
( 3 )金盛
白色泥漿で盛り上げた生地を下地にして刷毛や筆を用いて金を装飾し、800℃の温度で焼成すると金色の盛り上がりと塗り被せたところに金膜が出来上がります。
( 4 )石膏型による技法(モールド)
石膏が水を吸収することを利用した装飾方法。石膏型に装飾を施して型を作り、泥漿(液状の粘土)を流し込み、石膏が水分を適度に吸収した後に型から生地を抜き出す方法。
( 5 )エッチング
生地の特定の部分を酸で腐蝕させ、そこに金を施す方法。生地の腐蝕した部分には艶のない金の装飾、生地に腐蝕のない部分には艶の良い金の輝きが装飾される。
( 6 )タペストリー
布目を生地の表面に表す方法で、生地の表面が乾燥する前の柔らかな時点で生地に布を貼り付けてから焼成すると焼きあがった後の生地には布目が残ります。そこに、刷毛で彩色を施す方法。
( 7 )エナメル盛
エナメルのような光沢のあるガラス状の盛り上げで、顔料により色々な色(ブルー、ピンク、茶色等)が使用されており、金盛と併用してアクセント的に使用された。
( 8 )転写技法
同じ絵柄を大量に生産するための技法で、絵柄を印刷した転写紙を素焼き或いは本焼成した生地に貼り再度焼成し製品化する方法。
それらの技法以外にも、オールドノリタケのデザインのモチーフ、構図が素晴らしい事、緻密で繊細な仕事による高い品格の製品である事も見逃してはなりません。
アールデコとは大正末期から昭和初期にかけてフランスを中心としたヨーロッパとアメリカで大流行した装飾様式です。ノリタケのアールデコにはラスター彩で表現されたきらびやかな製品も多くみられます。それらの作品は食器類ではなく、意匠を凝らした装飾品が多かったようです。
アールデコのグループをさらに分類すると
( 1 )人物図案 ( 2 )動物 ( 3 )植物 ( 4 )風景 ( 5 )幾何学模様 などがあります。
これらのデザインも平面に描いた物の他に立体的に作られた陶製人形や大型の花瓶などの置物があり、オールドノリタケとノリタケの製品にもそれらの形や模様を組み合わせた物を見ることが出来ます。

〜オールドノリタケの画帳(画帖)〜
ノリタケのデザイナーが明治の初期にノリタケの製品を高く評価したアメリカのお客様からの注文に応えるために描いた見本帳を画帳(画帖)と言います。またノリタケ製品のカタログとしても使われました。今、世界中に散らばった食器と何冊かのデザイン帳だけが、オールドノリタケの時代と当時のノリタケと技術を私たちに語りかけてくれます。

オールドノリタケ 画帳
オールドノリタケ 画帳-2
オールドノリタケ 画帳-3

********************************************************************************************

<< ご意見・お問い合わせ >>

ノリタケショップ陶仙

お問い合わせ窓口 〕



Copyright © 2017 ノリタケ 大倉陶園の食器とギフト. All right reserved.